ナイキ アウトレット
こんにちは スタッフ鳥居です。 最近ブログの更新が増えてるぞ?!と 思ってる方も多いかと思います。 そうなんです。 お盆前からずっと、秋物が続々と入荷しているので、 次々にご紹介していかないと お店に出す前に、サイズが無くなってしまった!と なるケースも実はあるのです。 その代表が今日ご紹介するコチラ モンクレール/MONCLERのダウンベストです。 モデル「TIB」 価格:68,800円+税 夏ぐらいから、いやもう昨年から、すでにお問い合わせをよく頂くブランドです。 毎年定番人気の「モンクレール レディース」のダウン。 その中でも、数が少なく、よく即完売となってしまうのが コチラのベストです。 ダウンと言えば、必ず名前に上がるブランドです。 1着は持っていたいと思わせる魅力がたっぷり! 中でも、一番の定番色と言えば、ブラックです。 しかもずっと変わらず続いている光沢のあるシャイニータイプの素材は、 ポリアミド100%、摩擦にも強く、丈夫さを持ちつつ 漂う上品さは、実際に実物を見て頂くとわかります。 ダウンと言えど、秋口の早い段階から着こなしに 取り入れることが出来て「先取り」気分を味わえます♪ ショート丈なので、車移動の時もかさばらず、 後ろから見ても、スマートなデザインです。 勿論、暖かさは申し分ありません。 袖がない分、そこだけ寒いのか言えば 全く感じさせない、むしろないほうが、 丁度良い暖かさと言われることもあるほどです。 シャツや、薄手の長袖Tシャツで、体感温度を調節できます。 モンクレールのダウンを一度羽織った方も、 他のダウンと、羽織り比べた方も、 皆さん、一応に一番暖かい!とよく言われます。 暖かすぎて、インナーには、ロンTか、薄手のニットで 十分ともよく言われますが。 ダウン90%と、10%のフェザーの配合は長年変わっていませんが、 この不動の人気を保てているのは 厳選された上質なダウンを使っている証です。 細かい部分でも、ダブルファスナーはビックサイズでスムーズな動きに。 金具には、フランスの国鳥をデザインしたお馴染みのマークも、さり気にアピールできます。 ダウンのお手入れの仕方をマンガで描いた見慣れた内側のワッペンも、 復刻盤と聞くと、昔から色々な人がモンクレール メンズを愛用しているのだな、と実感できます。 これから秋に向け、スウェットパンツで、スポーティに デニムでラフなカジュアルにもと 色々な場面でプラスして、羽織りたいアイテムです。 すみません。すでにサイズT1は完売しております。 お早めにチェックしてみて下さいね♪ 他モンクレールはコチラからどうぞ♪ Villa Théo - Mairie du Lavandou
Mairie du Lavandou > Villa Théo

Villa Théo

Soucieuse de préserver son patrimoine, la commune du Lavandou a acquis en 2007  l’ancienne maison du peintre néo-impressionniste Théo Van Rysselberghe (1862-1926) à Saint-Clair. Dès son acquisition, la villa a abrité les activités de l’association de l’atelier d’arts plastiques du Lavandou avant de connaître une importante réhabilitation en 2016. Cette rénovation, respectueuse de l’esprit des lieux a donné naissance à la Villa Théo, centre d’art articulé en lieu de mémoire, d’exposition et de création.

Afin de financer une partie de ces travaux de valorisation (montant total 500 000 euros), la commune a signé une convention avec la Fondation du Patrimoine et a lancé une souscription publique pour associer la population à cette démarche culturelle. Séduit par le projet, le Conseil Départemental a également soutenu ce projet.
En 2007, le Ministère de la Culture a accordé le label «Patrimoine du XXe siècle» à cette villa dessinée par l’architecte belge et frère du peintre, Octave Van Rysselberghe ; un label soulignant les réalisations majeures et caractéristiques du siècle dernier.

La réhabilitation et transformation de cette maison-atelier, désormais appelée Villa Théo, en hommage au peintre et par souci de mémorisation, offre à la commune du Lavandou l’opportunité de créer un pôle culturel fort qui contribue au développement touristique du quartier de Saint-Clair et au rayonnement culturel du Lavandou. La présence de l’association de l’atelier des arts plastiques, qui occupe le rez-de-chaussée de la villa contribue à favoriser la polyvalence, le dynamisme et le caractère vivant du lieu. La Villa Théo bénéficie d’une situation privilégiée sur le «Chemin des peintres». Elle peut donc idéalement contribuer à accroître la fréquentation de ce chemin et constituer une étape de ce circuit.